おまとめローン(借り換え専用)おすすめ低金利の2社を紹介

おまとめローン借り換え専用おすすめ低金利2社を紹介します。

借り換えローン専門会社2社紹介

中央リテール 株式会社
東京都知事(4)第31283号
おまとめローン貸付条件
🔴融資額:200万円~500万円まで
🔴利率:年率10.95%~13.0%
🔴審査時間:受付より約2時間
🔴最短融資:翌営業日
🔴返済方法:元利均等
🔴保証人・担保・不要
🔴延滞損害金:年率20.0%
所在地(本審査の場所
東京都渋谷区道玄坂2-25-7 6階
対応エリア
全国対応(ご来店が可能な方なら遠方の方にもご利用頂けます。)
申込手順
①先ずはオンライン申し込みしますと折り返し担当者から連絡があり、本審査の説明があります。
②必要書類持参で訪店しますと、親切な対応で本審査が行われ、最短で翌日融資、金利も大幅に下がります。
更に詳しい説明
中央リテール

ユーファイナンス
東京都知事(5)第29876号
おまとめローン貸付条件
🔴融資額:100万円~700万円まで
🔴実質年率:7.3%~15.0%
🔴返済方法:元利均等
🔴保証人・担保・不要
🔴延滞損害金:年率20.0%
所在地(本審査の場所
東京都台東区小島2-14-5 毛利ビル7F
対応エリア
関東限定(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・静岡県・群馬県・山梨県にお住いの方で、ご来店が可能な方にご利用頂けます。)
申込手順
①カンタン入力申込よりお申し込みしますと担当者から折り返し連絡があり、本審査(ご来店)の説明があります。
②必要書類持参で訪店して本審査に通過しますと、金利も大幅に下がりおすすめです。
更に詳しい説明
ユーファイナンス

おまとめローン貸金業法に基づく借り換えローン)は、総量規制の対象外(例外)で、金利の軽減ができますので、複数の消費者金融の借金も一括返済が可能です。

貸金業法に基づく借換ローンメリットデメリットと、申し込み方法審査基準口コミ評判を説明します。

借り換えローンの契約時に、クレジットカードや他社のカードローンの解約は必要なのか?についても解説します。

以下、おまとめローン(借り換え)について、詳しく説明しますので、必要な項目をお読み下さい。

  1. 借り換えローンとは
  2. おすすめ2社を比較
  3. 総量規制「対象外」の理由
  4. クレジットカードの解約は必要?
  5. 口コミと評判
  6. おまとめローンの審査基準
  7. 必要書類
  8. 貸付条件

1.借り換えローンとは

キャッシングの借り換えローンとは
複数の借入を一本化して、金利を大幅に下げ、毎月の返済を無理のない金額に設定して、着実に残高を減らすローンです。

総量規制の対象外
特に、キャッシングの借り換え(おまとめ)ローンは、総量規制の対象外であり、年収の3分の1を超える借入が可能です。

債務整理を考える前の選択肢
複数社の借入があり、毎月の返済にお困りの方も、債務整理(自己破産・個人民事再生・特定調停)を考える前に、借り換え(おまとめ)ローンなら、まだまだ自力返済の余地があります。

一括返済して生活の立て直し
借り換えローンで、今の複数借入を一括返済してしまい、後は一本化した借入先に、低金利で無理のない返済を続け、生活の立て直しが十分可能です。

1-1.メリット

おまとめローン(借り換え)を利用した場合のメリットを記載します。

①今よりも低金利になる
今の借入金利が18%前後だとしても、一本化する事で年率約13%以下に落とせます。

②最大700万円が総量規制の対象外
おまとめローンは、貸金業法に基づく借り換えローンである為、最大700万円の融資額は、総量規制の対象外です。

③毎月の返済額も下げられる
返済期間を長期(最大10年)に設定できるので、毎月の返済額も、今の収支に合わせて無理のない金額に設定できます。

1-2.デメリット

おまとめローン(借り換え)を利用した場合のデメリットを記載します。

①返済期間が長期化
無理の無い返済期間と返済額を設定した結果、返済期間は長期化します。

②用途は他社返済に限定
おまとめ(借り換え)ローンは目的ローンなので、他社借入の返済にのみ利用できます。

③返済中は新たな借入は不可
基本的に、おまとめ(借り換え)ローンを返済中は、新たな借入は出来ません。

一括返済した他社のカードローン契約やクレジットカードも、基本的に解約する事になります。

とは言っても、急な出費やお困り事は発生するものです。

その際も、相談先は借り換えローン会社に一本化する事が得策です。

それにより、返済計画の見直しや、使用目的によっては、追加融資が可能な場合もあります。

以上、借り換えローンとは、及びメリット・デメリットについて説明しました。

2.おすすめ2社を比較

おまとめローン(借り換え専用)が専門の会社おすすめ2社について比較します。

比較する会社は、以下の2社です。

  • 中央リテール株式会社
  • 株式会社UCS(ユーファイナンス)

2社を選んだ理由は以下の3点です。

  • 他社よりも低金利な借換が可能
  • 他社よりも高額融資が可能
  • 当サイト申込件数が上位1・2位

※申込件数は、当サイト経由の申込件数(2019年1月~12月)で上位の2社を選びました。

2-1.他社借入件数と金額

一般的なキャッシングなら、他社借入件数と総額は少ない方が審査には有利ですが、借り換えローン(おまとめ)の場合は逆です。

以下のように、一定の他社借入件数と借入金額が有った方が、審査に通過しやすくなります。

中央リテール
🔴他社借入件数5件以上
🔴他社借入件数200万円以上
※目安ですので、これ以下の方もお申し込み頂けます。

ユーファイナンス
🔴他社借入件数4件以上
🔴他社借入件数100万円以上
※こちらは最低条件なので、これ以下の方はお申し込み頂けません。

2-2.店舗への来店は必要?

一般的なキャッシングなら、来店不要で振込融資も可能ですが、借り換えローン(おまとめ)の場合は、融資額が高額で、回収のリスクが高まるため、来店による書類提出と、面談による本審査が必須です。

借り換えローン会社は東京に集中している為、地方の方にとっては遠くから来店になりますので、先ずはネット申し込みで仮審査(一次)に通過してから訪店(来店)する事で、無駄足になる確率を低くする事が出来ます。

以下、全国対応とエリア限定の会社に分かれますので、ご確認の上お申し込み下さい。

中央リテール
🔴全国対応
🔴店舗住所
東京都渋谷区道玄坂2-25-7-6F
🔴本審査は来店必要

ユーファイナンス
🔴エリア限定
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・静岡県・群馬県・山梨県
🔴店舗住所
東京都台東区小島2-14-5毛利ビル7F
🔴本審査は来店必要

2-3.融資額と金利

借り換えローン(おまとめ)は、複数の借入で返済にお困りの方のローンです。

今よりも低金利で、高額融資になり、総量規制の対象外(年収の3分の1を超える融資が可能)です。

以下、おすすめ2社の金利と融資額です。

中央リテール
🔴融資額:200万円~500万円
🔴年率:10.95%~13.0%

ユーファイナンス
🔴融資額:100万円~700万円
🔴実質年率:7.3%~15.0%

以上の比較より、全国対応の中央リテールの選択が有利です。

他社借入総額が500万円を超え、かつ関東エリアにお住いの方なら、ユーファイナンスの選択肢があります。

以上、おまとめローン(借り換え)が専門の会社おすすめ2社について比較しました。

3.総量規制「対象外」の理由

おまとめローン(借り換え)が、総量規制対象外の理由について説明します。

総量規制とは
一般的なキャッシングの借入額は、貸金業法の総量規制で、年収の3分の1以内に制限されています。

制限の理由
この制限の理由は、返済能力以上の借入をしないように、利用者保護の観点から施行されました。

既に総量規制を超えている場合
既に年収の3分の1を超える借入がある場合、直ちに返済する必要はありませんが、新たな借入は出来ません。

背景
これでは、急な出費などが発生した場合に、違法な貸金に手を出したり、自己破産したりと、逆に利用者を追い込んでしまいます。

施行の理由
そこで貸金業法では、救済的な措置として、借り換えローンは総量規制の対象外(正確な言い方は例外)として、年収の3分の1を超えた借入を認めています。

借り換えローンの条件
複数社からの借入があり、毎月の返済にお困りの方(利用者)に対して、一方的に有利となる借り換えになる必要があります。

一方的に有利な借り換えとは
複数の借入を一本化する事で、今よりも金利が下がり、返済期間も長期(最長10年)に設定できて、毎月の返済を無理のない金額に下げられる事です。

返済中の急な出費
それでも、お困りの事態が発生した場合には、一本化した借入先に相談する事が重要です。

毎月の返済金額を新たに設定(返済期間の延長)する事も可能です。

又、用途によって(例えば緊急の医療費<本人・家族>)は、総量規制の対象外で、新たな借入が可能な場合もあります。

以上、おまとめローン(借り換え)が、総量規制対象外の理由について説明しました。

4.クレジットカードの解約は必要?

おまとめローン(借り換え)を利用する際に、クレジットカードの解約が必要な理由について説明します。

完済と契約終了の概念
一般的なローン(住宅ローンや自動車ローンなど)は、全額返済(完済)した段階で、借入契約は終了となります。

一方、カードローンやクレジットカードは、借入残高を全額返済したとしても、契約は残っており、いつでも新たな借入が出来る状態です。

つまり、借り換えローンで他社のカードローンとクレジットカードを一括返済した後は、「解約」しませんと、他社の借入契約は残っています。

おまとめローン(借り換え)は、「借り換え後は、新たな借入はしない事。」が契約条件になります。

結局、解約は必要
従い、おまとめローン(借り換え)を利用する際に、カードローンとクレジットカードの解約は必要になります。

本来は、クレジットカードのキャッシングが該当して、ショッピング機能は割賦販売法なので、該当しない事になります。

しかし、クレジットカードそのものを解約しますので、ショッピング機能も使えなくなります。

以上、一括返済したカードローンとクレジットカードは、解約する事が、おまとめローン(借り換え)の審査通過の条件となり、他の金融機関も同じ対応です。

5.口コミと評判

おまとめローン(借り換え)に関する口コミと評判について記載します。

5-1.クレジットカード解約

前述の通り、既存のカードローンやクレジットカードについて、一括返済後は解約する事が契約条件になります。

ところが、おまとめローン(借り換え)の口コミや評判を見ていると、「クレジットカードの解約を迫られので、やめにした。」等の投稿を見かける事があります。

「・・・迫られた。」との書き込みを見てしまうと、なんだか怖い印象がありますが、単に契約条件の説明を受けた事なのがわかります。

この人が、他のおまとめ(借り換え)ローン会社に変更したとしても、同じくクレジットカードの解約が条件となります。

従い、おまとめローン(借り換え)を利用する際は、新たな借入を断つ意味でも、既存の消費者金融とクレジットカードの解約を前提に申し込みしましょう。

5-2.債務整理をすすめられた?

更に、「いきなり債務整理をすすめられた。」「最初から貸す気は無いのでは。」等の書き込みも見かけます。

この表現が本当だとすると、金融会社にとっても利益にならない訳で、話の流れも不明です。

なぜこのような表現になるのかというと、上記で説明した解約などの契約条件を、本人が断ったとしますと、借り換えローンの審査には通過できません。

既に複数の借入で、毎月の返済でお困りの方なら、おまとめ(借り換え)ローンの審査に落ちてしまうと、非常に困難な状況になります。

恐らく、「このままでは、債務整理になってしまいますよ。」と、言ったのではないかと想像します。

仮に、債務整理(自己破産・民事再生手続・任意整理・特定調停)をすすめられたとしても、必要が無ければ断れば良いだけです。

以上、おまとめローン(借り換え)の口コミと評判について説明しました。

おまとめローン(借り換え)は、他社の解約は必須の契約条件である事を認識した上で、申し込みましょう。

5-3.他社借入件数と金額の基準

通常のキャッシングの審査なら、他社借入が少ない方が審査に通過しやすくなりますが、おまとめ(借り換え)ローンの場合は逆です。

ある程度、まとまった借入件数と金額が有った方が、審査に通過しやすくなります。

例えば、中央リテールの他社借入に関する目安は、以下の通りです。

中央リテール
🔴他社借入件数5件以上
🔴他社借入件数200万円以上
※目安ですので、これ以下の方もお申し込み頂けます。

又、金利も100万円未満は~18%ですが、100万円以上は~15%と、利息制限法においても低金利になる境目にもなっています。

5-4.借り換え実施例

ユーファイナンス「おまとめローン」で実際に借り換えを実施した例を掲載します。

例えば、他社借入件数が4社で総額が300万円、毎月の返済日もバラバラの場合を、おまとめ(借り換え)ローンで一本化した場合

例:他社借入状況
他社借入額金利返済日
A社60万円15.0%毎月10日
B社50万円18.0%毎月25日
C社110万円12.0%毎月月末
D社80万円12.0%毎月20日

この例ですと、毎月の金利負担だけでも33,533円を支払い続ける事になります。

合計300万円の借入を、おまとめローンで一本化により、金利を現状よりも低くして、年率9.8%とした場合、毎月の金利負担は24,164円となり、毎月9,369円が軽減される事になります。

更に、4社バラバラの返済日を一本化できて、しかも、毎月の返済額も無理の無い金額になるように、返済期間を最長10年(120回)から相談の上設定できますので、段階的に残高を減らす事が出来ます。

※借入の状況によっては、軽減されない場合もあります。
※融資額・金利は、審査結果に応じて異なります。

以上、おまとめローン(借り換え)に関する口コミと評判について記載しました。

6.おまとめローンの審査基準

おまとめローン(貸金業法に基づく借換ローン)と、一般的なキャッシング審査基準の違いについて、まとめました。

大きな違いは、他社借入件数・他社借入額と希望借入額の項目です。

キャッシングの場合、他社借入件数は少ない(無い)方が審査には有利で、他社借入額も、希望借入額を含めて年収の3分の1(総量規制)以内の制限があります。

これが「借り換えローン」になりますと、複数社からの借入があって、他社借入額も年収の3分の1(総量規制)を超えた金額に達していて、通常のキャッシングでは、これ以上の貸付が出来ない状況の方が対象になります。

更に、この借り換えを、総額規制の例外(対象外)とする為には、「顧客に一方的有利となる借り換え」でなければなりません。

「顧客に一方的有利となる借り換え」とは、借り換えにより、金利負担が現状の加重平均よりも低くなる事と、毎月の返済額を無理の無い金額(返済期間の延長)にするという事です。

6-1.申し込みの基準

審査の申し込み対象は、20歳以上で定期収入のある方なら、正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトの方にもお申し込み頂けます。

年収が多い、少ないよりも、現状の収支(収入と支出のバランス)が重視され、返済が可能と判断されますと、審査に通過します。

6-2.他社借入件数と総額の基準

キャッシングの審査基準と異なり、複数社からの借入があり、借入金額も多い(総量規制の範囲を超えるような)方が、対象になります。

おすすめ2社の基準は以下の通りです。

中央リテール
🔴他社借入件数5件以上
🔴他社借入件数200万円以上
※目安ですので、これ以下の方もお申し込み頂けます。

ユーファイナンス
🔴他社借入件数4件以上
🔴他社借入件数100万円以上
※こちらは最低条件なので、これ以下の方はお申し込み頂けません。

6-3.借り換え後の借入の制限

基本的に、借り換えローンを組んだ後は、他社から新たな借入はせずに、借り換えローンの返済を延滞無く行う事が条件になります。(借り換えローンの契約書に記載されてると思いますので、契約時にご確認下さい。)

一括返済した他社カードローンとクレジットカードについては、原則解約が条件となりますので、合わせて契約時にご確認下さい。

もしも、借り換えローンを組んだ後に、お困りの際には、借り換えローンを組んだ貸金業者にご相談頂き、常に信頼関係を保つようにしましょう

以上の通り、借り換えローンは、一般的なキャッシングと異なり、よりお困りの利用者を対象とした貸付ですので、悩むよりも先ずはお申し込みを頂き、一刻も早く解決下さい。

以上、おまとめローン(借り換え)の審査基準について説明しました。

7.必要書類

キャッシングの借り換え(おまとめ)ローンに必要な書類は、キャッシングと同じく、本人確認書類と、収入証明書類です。

貸金業者によっては、他社借入の貸付条件がわかる書類が必要な場合があります。

その他、お客様の状況によって、提出書類が追加になる場合があります。

7-1.本人確認書類

運転免許証健康保険証パスポート等をご用意下さい。

上記の書類に記載されている自宅住所と、現在お住まいの自宅住所が異なる場合は、現在お住まいの自宅住所が記載されている以下のいずれかの書類(発行日から6ヶ月以内のもの)のコピーを合わせてご用意ください。
・国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書または請求書
・公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

7-2.収入証明書類

直近2ヶ月以内の給与明細書又は源泉徴収票をご用意下さい。

一般的に収入証明書として認められる書類は以下の通りなので、ご参考願います。

  • 源泉徴収票(従業員)
  • 支払調書(事業主)
  • 給料明細書(直近2ヶ月分以上)
  • 確定申告書(個人・法人)
  • 青色申告決算書(事業主)
  • 収支内訳書(白色申告)
  • 納税通知書(市県民税)
  • 納税証明書(税務署発行)
  • 所得証明書(市役所発行)
  • 年金証書(受給資格)
  • 年金通知書(年金の振込)

7-3.他社借入の貸付条件

他社借入の貸付条件と残高がわかる書類をご用意下さい。

契約書と直近の残高がわかる書類が必要です。

以上、おまとめローン(借り換え)の必要書類について説明しました。

8.貸付条件

おすすめ2社の、おまとめローン(借り換え)の貸付条件について説明します。

8-1.中央リテール

中央リテール(全国対応)
公式サイト
中央リテール
貸付利率年率10.95%~13.0%
融資額最大500万円
対応エリア日本全国
審査基準 🔴他社借入5件以上の方
🔴他社借入200万円以上
申込対象 🔴満20歳以上
🔴定期収入のある方
🔴用途が他社借入の返済
🔴店舗へ来店可能な方
以上の方なら契約社員・派遣社員・アルバイト・パート・主婦の方にもお申し込み頂けます。
審査時間受付より即日で約2時間
最短融資翌営業日
返済期間最長10年(120回)
返済方法元利均等
保証人保証人・担保は不要
延滞損害金実質年率20.0%
会社名中央リテール株式会社
登録番号東京都知事(4)第31283号
所在地
(本審査の場所)
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-25-7-6F
アクセス・JR各線・東京メトロ銀座線・東急東横線・京王井の頭線の渋谷駅ハチ公口より徒歩5分
・東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線の渋谷駅地下A3出口より徒歩3分
・道玄坂二丁目の交差点が目印
審査の流れ ①ネット申込(仮審査)
②担当者より電話(相談・説明)
③在籍確認(お仕事先確認)
④来店による契約(本審査)
借換実行(一括返済)
更に詳しく 中央リテール

8-2.ユーファイナンス

ユーファイナンス(関東限定)
公式サイト
ユーファイナンス
貸付利率実質年率7.3%~15.0%
貸付金額100万円~700万円
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・静岡県・群馬県・山梨県
審査基準 🔴他社借入4件以上の方
🔴他社借入総額が100万円を超える方
貸付対象 🔴満20歳以上
🔴定期収入のある方
🔴用途が他社借入の返済
🔴店舗へ来店可能な方
返済方法元利均等返済方式
返済期間最長10年
返済回数最長120回
保証人原則不要
担保原則不要
延滞損害金実質年率20.0%
会社名株式会社UCS(ユーファイナンス)
登録番号東京都知事(5)第29876号
所在地
(本審査の場所)
〒111-0056
東京都台東区小島2-14-5
毛利ビル7F
アクセスつくばエクスプレスの新御徒町駅下車、清洲橋通りを南へ50m左手の毛利ビル7階
審査の流れ ①公式サイトよりお申込
②一次審査結果連絡
③来店審査(原則)
融資(借換実行)
更に詳しく ユーファイナンス

以上、おまとめローン(借り換え)おすすめ低金利2社の紹介と、メリット・デメリット・口コミについて説明して参りました。

良い借り換えになりますようにお祈りします。

公開日:2017年2月19日

制作:落合 正

おまとめローン(借り換え) 現在位置

キャッシングおすすめ情報 に戻る