プロミスの審査の流れと必要書類・申し込み方法

プロミス審査流れ必要書類お申し込み方法を説明します。

 公式サイト 

【プロミス】実質年率『4.5~17.8%!』  来店不要で即日回答!24時間申込OK!
※原則24時間最短10秒で振込み可能

30日間無利息サービス実施中
プロミスをはじめてご利用の方は、ご利用明細書の受け取り方法を「Web明細」と選択する事で、30日間無利息サービスを受けられます。

最大2,000円分のプリペイド
プロミスをはじめてご利用の方は、プリペイドカードのお申し込みで、最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドのプレゼントがあります。

Webなら最短1時間融資も可能
Web申し込みなら、必要書類の提出、契約の締結、融資手続きまで、Webで完結できて、振込融資が実行されますので、郵送物なしで、最短1時間融資も可能です。
※カードの発行も無料で可能です。

借入が50万円以下の場合
借入金額が50万円以下の場合は、収入証明書類(給料明細書など)の提出が原則不要になります。
※お客様の状況により必要になる場合があります。

以下、プロミスの審査の流れから会社概要まで、項目別に説明します。

  1. 審査の流れ
  2. 貸付条件
  3. 必要書類
  4. 会社概要

1.審査の流れ

プロミスの審査の流れを説明します。

1-1.公式サイトよりお申込み

プロミス公式サイトの「お申し込みはこちらから」に進み、必要事項をご記入と、契約方法を選択して下さい。

  • WEBでご契約
  • 来店でご契約

1-2.必要書類を送付

Web契約を選択の方には、書類提出依頼メールが届きます。

内容をご確認頂き、本人確認書類などを画像化して送信して下さい。

1-2-1.携帯電話の方

必要書類を携帯電話のカメラ機能(写メ)で画像化して送信して下さい。

1-2-2.スマホの方

スマートフォンの方は、携帯電話と同じくカメラ機能(写メ)で画像化して送信する他、スマートフォンアプリからも送信できます。

1-2-3.パソコンの方

パソコンの方は、必要書類をスキャナかデジカメで画像化して送信して下さい。

1-3.契約可能額の決定

上記の必要書類を送信しますと、契約可能額が決定して、ご希望の連絡方法(電話・メール)で連絡がありますので、契約の締結に進んで下さい。

1-4.「Web契約」の場合

契約の際に、返済方法を選択頂きます。

1-4-1.口座振替による返済

Web契約で、口座振替を選択頂きますと、郵送物なしのWeb完結でご利用頂けます。

借入方法は、プロミスインターネット会員サービスから振込キャッシングをご利用頂けます。

尚、Web契約の方も、ご希望の方には無料でカード発行が可能で、ATMによる借入もできます。

カードは、後日郵送でご自宅にお届けになります。

1-4-2.「ATM」による返済

契約書類とカードが、ご自宅に簡易書留郵便(転送不要)で郵送されます。
※差出人名は「事務センター」となります。

送られてきた契約書に捺印して返送する事で、契約が締結されます。

三井住友VISAプリペイドをご希望の方には、契約書類・カードに同封されます。

借入方法は、全国のプロミスATMをはじめ、三井住友銀行ATM、提携ATMでのご利用が可能です。

プロミスインターネット会員サービスからの振込キャッシングもご利用可能です。

1-5.「来店契約」の場合

来店による契約も、最初は公式サイトからWeb上でお申込み頂き、契約可能額の連絡があってから、来店契約の流れになります。

1-5-1.来店

必要書類をご持参のうえ、自動契約機・お客様サービスプラザ(店頭窓口)へご来店ください。

三井住友VISAプリペイドをご希望のお客さまは、ご来店の際にお申し付けください。

1-5-2.契約・カード発行

その場で契約書を作成して、カードも発行されますので、直ぐに借入が可能になります。

1-5-3.借入方法

全国のプロミスATMをはじめ、三井住友銀行ATM、提携ATMでのご利用が可能です。

プロミスインターネット会員サービスからの振込キャッシングもご利用可能です。

2.貸付条件

プロミスの貸付条件を説明します。

貸付条件
利用限度額プロミスの審査で実際に利用可能な金額が決まり、利用限度額の範囲内なら何度でも繰り返し利用可能です。
実質年率 4.5%~17.8%
遅延利率支払いが期日に遅れますと遅延利息が発生しますので、先ずはプロミスコールに連絡・相談下さい。
申込対象 年齢20~69歳の安定した収入のある方
※主婦や学生の方もパートやアルバイトなど安定した収入のある方はご審査の上ご利用が可能です。
返済方法 返済方法は口座振替・ATM返済から選択頂けます。
返済方式残高スライド元利定額返済方式
返済期日 毎月5日・15日・25日・月末から選べます。
返済方式毎月元利均等払い
繰上返済 余裕のある時に、毎月の返済額を超える返済をする事も可能です。
一括返済 一括返済する事も可能で、返済後もいつでも利用可能です。

2-1.残高スライド元利定額返済方式とは

借入残高に応じて、一定の割合で毎月の返済金額(元金+利息)が決まります。

例えば、プロミスの借入残高が50万円の場合、毎月の返済金額は13,000円になります。

毎月、最低でもこの金額を支払えば良い事になります。

2-1-2.繰り上げ返済とは

毎月の返済額を超えて返済する事で、元金部分の返済が進むので、利息の節約にもなります。

2-1-3.一括返済とは

一括返済時点の残高(元金)と、一括返済する日までの利息を一括で支払う事で、その後の利息がかからないメリットがあります。

一括返済後も、契約は続いてますので、いつでも利用限度額の範囲内で借入が可能です。

以上が、プロミスの貸付条件です。

3.必要書類

プロミスの審査に必要な書類について説明します。

3-1.本人確認書類

運転免許証をご用意下さい。

運転免許証をお持ちでない方は、パスポート、又は健康保険証と住民票をご用意下さい。

※それぞれ、有効期限内のものをご用意下さい。

3-1-1.住所が異なる場合

上記の本人確認書類の住所と、実際にお住いの住所が異なる場合は、以下のいずれかの書類をご用意下さい。

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

3-2.収入証明書類

収入証明書類が必要になるのは、以下のいずれかの場合なので、借入額が50万円以下の場合は、原則として不要です。

  • ご希望の借入額が50万円を超える場合
  • ご希望の借入額と他社のご利用残高の合計が100万円を超える場合

収入証明書類が必要の際は、以下より1点をご用意下さい。

  • 給料明細書2ヶ月分
    ※賞与のある方は直近1年分の賞与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
    ※個人事業主の方なら所得金額が年収になります。
  • 所得(課税)証明書
  • 税額通知書

※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類、収入証明書類などを提出する際は、その箇所を見えないように黒塗りして提出するようにしましょう。

以上が、プロミスの必要書類です。

4.会社概要

最後に、プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社について、会社概要を説明します。

会社概要
商号 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
設立1962年(昭和37年)3月20日
資本金140,737百万円
株主株式会社三井住友フィナンシャルグループ(100%)
決算期毎年3月(年1回)
本社所在地〒104-0061
東京都中央区銀座四丁目12番15号
事業内容 1.貸金業
2.保証業
登録番号 関東財務局長(13)第00615号
従業員 ・2,211名(男性1,241名、女性970名)
・平均年齢40.4歳
※2018年3月末現在
加盟団体 ・日本貸金業協会
・(社)日本クレジット協会
・(社)日本経済団体連合会
連絡先 TEL:06-7636-2540
FAX:06-6305-2190
アクセス ・JR「新大阪駅」より徒歩約10分 地下鉄御堂筋線「西中島南方駅」より徒歩約5分
・阪急電鉄京都線「南方駅」より徒歩約5分
代表者代表取締役社長
金子 良平
加盟団体 ・日本貸金業協会
・株式会社 日本信用情報機構
・一般社団法人 日本クレジット協会
店舗数とチャネル ・全国959店舗 ・お客様サービスプラザ(有人店舗):18
・自動契約機店舗(無人):941
・自動契約機:995
・自社ATM:972
・提携CD・ATM:107,050
・提携コンビニストア:30,938
※2018年3月末現在

以上、プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社について、会社概要を説明しました。

 お申し込みはこちら 

プロミスは30日間無利息!詳しくはプロミス公式サイトで確認♪
※原則24時間最短10秒で振込み可能

以上、プロミスの審査の流れと必要書類、申し込み方法について説明しました。

審査に通過しますようにお祈りします。

公開日:2019年2月14日

制作:落合 正

プロミス 現在位置

キャッシング審査基準 に戻る

キャッシングおすすめ情報 に戻る