ユーファイナンス|おまとめローン(ビッグローン)審査・口コミ

ユーファイナンスおまとめローンビッグローン)の審査の基準在籍確認の方法、借り換え口コミ体験談について解説して参ります。

 ユーファイナンス公式サイト 

ユーファイナンス
登録番号
東京都知事(5)第29876号

ユーファイナンスの対象エリア
ユーファイナンスのおまとめローン(ビッグローン)は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・静岡県・群馬県・山梨県にお住いの方が対象です。

対象エリア外の方へ
上記のエリア外の方は、全国対応の中央リテール(おまとめローン専門)をご利用下さい。

 中央リテール公式サイト 

中央リテール
登録番号
東京都知事(4)第31283号

以下、ユーファイナンスおまとめローンビッグローン)の審査について、詳しく説明して参ります。

  1. おまとめローンとは
  2. 口コミと評判・体験談
  3. ビッグローンの貸付条件
  4. 審査の基準と結果連絡
  5. 在籍確認と在宅確認
  6. 申し込み方法
  7. 必要書類
  8. ユーファイナンス会社概要

1.おまとめローンとは

ユーファイナンスのおまとめローン(ビッグローン)とは、「貸金業法に基づく借り換えローン」の事です。

ビッグローンとは、ユーファイナンスの商品名で、おまとめローン(借り換えローン)の事です。

1-1.貸金業法に基づく借り換えローン

複数の借入でお困りの方も、低金利で総量規制対象外の融資が受けられ、複数の借金も一括返済が可能になります。

複数社への返済後、ユーファイナンスに一本化する事で、金利を大幅に下げる事ができて、毎月の返済額が軽減できます。

返済期間や回数も、ユーファイナンスと相談の上、無理の無い返済額と期間を設定する事ができますので、確実にローン残高を減らす事ができます。

先ずは、ユーファイナンスの公式サイト「カンタン入力申込」から申し込みますと、折り返し担当者から連絡がありますので、じっくりとご相談下さい。

以上、「おまとめローン」とは、について説明しました。

2.口コミと評判・体験談

「おまとめローン」全般に関する口コミと評判・体験談について解説します。

匿名で投稿される口コミや体験談は、そのまま読んでも意味がなく、真意を読み解く事が重要です。

以下に、よくある口コミの例を挙げ、本質の読み解き方について解説します。

2-1.クレジットカードの解約?

おまとめローンの口コミや体験談を見ていると、「クレジットカードの解約を迫られので、やめにした。」等の投稿を見かける事があります。

実際に解約は必要なのか否かで申しますと、おまとめローン(借り換え)の場合、例外なく、現状の消費者金融とクレジットカードの完済と解約を条件としています。

「・・・迫られた。」との書き込みを見てしますと、なんだか怖い印象ががありますが、単に契約条件の説明と思われます。

ですから、他のおまとめローン(借り換え)会社に申し込んだとしても、同じくクレジットカードの解約が条件となります。

従い、おまとめローン(借換)を利用する際は、新たな借入を断つ意味でも、既存の消費者金融とクレジットカードの解約を前提に申し込みましょう。

2-2.債務整理をすすめられた?

更に、おまとめローンの口コミや体験談で、「いきなり債務整理をすすめられた。」「最初から貸す気は無いのでは。」等の書き込みも見かけます。

この表現が本当なら、金融会社にとっても利益にならない訳ですから、そもそも会社として存続できないと思います。

では、なぜこのような表現になるのかというと、上記で説明したクレジットカードの解約などの契約条件を、本人が断ったとしますと、おまとめローン(借り換え)による借入は出来なくなります。

既に複数の借入で、毎月の返済でお困りの方なら、おまとめローン(借り換え)の審査に落ちてしまうと、更に困難な状況になります。

恐らく、担当者は「このままでは、債務整理(自己破産・民事再生手続・任意整理・特定調停)になってしまいますよ。」と、現実的な事を言ったのではないかと想像します。

2-3.「〇〇金融会社」は闇金?

又、おまとめローンの口コミや体験談の中には、正規の金融業者の社名を挙げ、「〇〇金融会社は闇金だ。」等の書き込みも多く見かけます。

闇金業者の中には、正規の貸金業者の社名を名乗る悪質な事例もありまので、恐らくこの例かと思います。

闇金とは、貸金業登録が無く、法定利息を超えて請求してくる業者の事です。 ※連絡方法は携帯電話番号の場合が多いです。

一方、正規の金融業者は、貸金業登録番号があり、法定利息の範囲内で貸し付けます。 ※連絡方法は代表電話番号からかかってきます。

以上、私(サイト制作者)なりの解釈にはなりましたが、おまとめローン全般の口コミや体験談について解説しました。

おまとめローン(借り換え)に申し込む際は、最低限の知識(解約に応じる必要がある事)をつけた上で臨んだ方が良いようです。

2-4.他社借入件数と金額の基準

通常のキャッシングの審査なら、他社借入が少ない方が審査に通過しやすくなりますが、おまとめローン(借り換え)の場合はちょっと異なります。

ある程度、まとまった借入件数と金額が有った方が、審査に通過しやすくなります。

ユーファイナンス「おまとめローン」の他社借入の審査基準は以下の通りです。

他社借入の審査基準
・他社借入件数が4件以上
・他社借入金額(借入希望額)100万円超

つまり、他社借入件数3件以下、借入額100万円未満なら、おまとめローン(借り換え)を利用する必要は無く、自力で返済が可能という事です。

又、金利も100万円未満は~18%ですが、100万円以上は~15%と、低金利になる境目にもなっています。

2-5.借り換え実施例

ユーファイナンス「おまとめローン」で実際に借り換えを実施した例を掲載します。

例えば、他社借入件数が4社で、他社借入総額が300万円、毎月の返済日もバラバラの借金を、おまとめローン(借り換え)で一本化した場合

例:他社借入状況
他社借入額金利返済日
A社60万円15.0%毎月10日
B社50万円18.0%毎月25日
C社110万円12.0%毎月月末
D社80万円12.0%毎月20日

この例ですと、毎月の金利負担だけでも33,533円を支払い続ける事になります。

合計300万円の借入を、おまとめローンで一本化により、金利を現状よりも低くして、年率9.8%とした場合、毎月の金利負担は24,164円となり、毎月9,369円が軽減される事になります。

更に、4社バラバラの返済日を一本化できて、しかも、毎月の返済額も無理の無い金額になるように、返済期間を最長10年(120回)から相談の上設定できますので、段階的に残高を減らす事が出来ます。

2-6.メリット

ユーファイナンス「おまとめローン」を利用した場合のメリットを記載します。

今よりも低金利になる
今の借入金利が18%前後だとしても、一本化する事で年率7.3%~15.0%に落とせます。

最大700万円が総量規制の対象外
おまとめローンは、貸金業法に基づく借り換えローンである為、最大700万円の融資額は、総量規制の対象外です。

毎月の返済額も下げられる
返済期間を長期(最大10年)に設定できるので、毎月の返済額も、今の収支に合わせて無理のない金額に設定できて、着実に残高を減らす事ができます。

2-7.デメリット

ユーファイナンス「おまとめローン」のデメリットを記載します。

返済期間の長期化
無理の無い返済期間と返済額を設定した結果、返済期間は長期化します。

用途は他社返済に限定
おまとめローン(借り換え)は目的ローンなので、他社借入の返済にのみ利用できます。

返済中は新たな借入は不可
基本的に、おまとめローン(借り換え)を返済中は、新たな借入は出来ません。
一括返済した他社のカードローン契約やクレジットカードも、解約が条件になります。

※とは言っても、急な出費やお困り事は発生するものです。
その際も、相談先はユーファイナンスに一本化する事が得策です。
それにより、返済計画の見直しや、使用目的によっては、追加融資が可能な場合もあります。

間違っても、他社に新たな借金を作らない事が重要です。

これらをご理解した上でお申し込み下さい。

以上、「おまとめローン」全般の口コミ・体験談と、ユーファイナンスの審査について解説しました。

3.ビッグローンの貸付条件

ユーファイナンスのビッグローン(おまとめローン)について、貸付条件を説明します。

3-1.ビッグローン

ビッグローンとは、ユーファイナンスの商品名で、おまとめローン(借り換え)の事です。

ビッグローン
貸付金額100万円~700万円
貸付利率実質年率7.3%~15.0%
延滞損害金実質年率20.0%
返済方法元利均等返済方式
返済期間最長10年
返済回数最長120回
保証人原則不要
担保原則不要
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・静岡県・群馬県・山梨県
貸付対象 🔴満20歳以上
🔴定期収入のある方
🔴用途が他社借入の返済
🔴店舗へ来店可能な方
審査基準 🔴他社借入4件以上の方
🔴他社借入総額が100万円を超える方
借換対象貸金業者【消費者金融(みなし貸金業者を含む)】とクレジットカードのキャッシング機能からの借入(銀行カードローン・自動車ローン・住宅ローン・クレジットカードのショッピングは含まれません。)
必要書類・本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等)
・収入証明書類(直近2ヶ月以内の給与明細書、源泉徴収票等
審査の流れ ①公式サイトよりお申込
②一次審査結果連絡
③来店審査(原則)
融資(借換実行)

元利均等返済方式とは
月々の返済額(元金+利息)が一定なので、無理なく計画的に返済ができます。
返済当初は残高が多いので、返済額(元金+利息)は利息を占める割合が多く、返済が進むと、残高が少なくなるので、返済額(元金+利息)は利息を占める割合が少なくなり、元金の割合が増えます。

みなし貸金業者とは
貸金業の業務は廃業して、債権回収業務のみ行っている会社の事です。
指定信用情報機関も退会しているので、借入状況については、お客様側から正確に申告する必要があります。

以上、ビッグローン(おまとめローン)について、貸付条件を説明しました。

4.審査の基準と結果連絡

ユーファイナンスのおまとめローン(ビッグローン)について、審査の基準と、審査結果の連絡方法について説明します。

4-1.審査基準

おまとめローン(貸金業法に基づく借り換えローン)と、一般的なキャッシング審査基準の違いについて、まとめました。

大きな違いは、他社借入件数・他社借入額と希望借入額の項目です。

キャッシングの場合、他社借入件数は少ない(無い)方が審査には有利で、他社借入額も、希望借入額を含めて年収の3分の1(総量規制)以内の制限があります。

これが「おまとめローン」になりますと、複数社からの借入があって、他社借入額も年収の3分の1(総量規制)を超えた金額に達していて、通常のキャッシングでは、これ以上の貸付が出来ない状況の方が対象になります。

更に、このおまとめローンを、総額規制の例外とする為には、「顧客に一方的有利となる借り換え」でなければなりません。

「顧客に一方的有利となる借り換え」とは、おまとめローンにより、金利負担が現状の加重平均よりも低くなる事と、毎月の返済額を無理の無い金額(返済期間の延長)にすという事です。

以上を踏まえまして、株式会社UCS(ユーファイナンス)おまとめローン(貸金業法に基づく借り換えローン)の審査基準について、まとめました。

4-1-1.申し込み対象

審査申し込み対象は、20歳以上で定期収入のある方で、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、静岡県、群馬県、山梨県にお住いの方が対象になります。

4-1-2.他社借入件数と総額の基準

キャッシングの審査基準と異なり、複数社からの借入があり、借入金額も多い(総量規制の範囲を超えるような)方が、対象になります。

ユーファイナンスの「おまとめローン」では、以下のように審査対象を明確にしてます。
・他社借入件数が4件以上の方
・他社借入金額(借入希望金額)が100万円を超える方

※他社借入の多い方がお申し込みの対象になります。

更に、顧客に一方的有利となる借り換えの基準を満たす金利については、ユーファイナンスの借り換えローンで一本化する事で、年率7.3%~15.0%まで、大幅に金利負担を削減でき、毎月の返済額も、返済期間を相談の上で組める事で、無理の無い支払額にする事が出来ます。

4-1-3.借り換え後の借入の制限

基本的に、おまとめローン(借り換え)を組んだ後は、他社から新たな借入はせずに、借り換えローンの返済を延滞無く行う事が条件になります。(恐らく借り換えローンの契約書に記載されてると思いますので、契約時にご確認下さい。)

又、貸金業者によっては、おまとめローン(借り換え)によって完済した他社カードローンについて、解約する事を条件としている場合もありますので、合わせて契約時にご確認下さい。

もしも、おまとローン(借り換え)を組んだ後に、お困りの際には、借り換えローンを組んだ貸金業者【株式会社UCS(ユーファイナンス)】にご相談頂き、常に信頼関係を保つようにしましょう

以上の通り、おまとめローン(借り換え)は、一般的なキャッシングと異なり、よりお困りの利用者を対象とした貸付ですので、悩むよりも先ずは申し込みを頂き、一刻も早く解決下さい。

4-2.審査結果の連絡方法

審査は、仮審査(一次)と本審査(二次)に分けられます。

4-2-1.仮審査(一次)の結果連絡

仮審査(一次審査)は、公式サイトの申し込みフォームに記入した内容にて行われ、借入の件数と総額より、おまとめローン(借り換え)が可能かを判断されます。

仮審査(一次審査)の結果連絡は、申し込みフォームを送信後、担当者より折り返し電話があり、おまとめローン(借り換え)の可否と、必要書類と契約方法について説明があります。

4-2-2.本審査(二次)の結果連絡

本審査(二次審査)は、必要書類をご持参の上、来店が必須となりますので、結果はその場で連絡があり、更に契約締結と融資の実行も行われます。

以上、ユーファイナンスのおまとめローン(ビッグローン)について、審査基準と、審査結果の連絡方法について説明しました。

5.在籍確認と在宅確認

フーファイナンスのおまとめローン(ビッグローン)についても、一般のフリーローン同様に、在籍確認を行います。

一方、在宅確認とは何かと申しますと、利用者が自営業(フリーランス等)の場合、職場が自宅である事もあり得ます。

このような場合を、在宅確認と言います。

5-1.在籍確認

お勤め先の在籍確認の為、勤務先に直接電話で確認します。

その際、プライバシーには十分に配慮した電話をのかけ方をしますので、ご安心下さい。

例えば、
担当者「○○(担当者個人名)と申しますが、○○さん(お客様の名前)はいらっしゃいますか。」
職場の電話に出た方「今、席を外してます。」
など在籍とわかる応答があれば、在籍確認完了です。
会社名は言わずに、個人名で確認します。

自動車のローンも、このような方法で在籍確認をしていて、会社に知られてしまうような事もありませんので、ご安心下さい。

5-2.在宅確認

勤務先が自宅の場合、在宅確認と言えます。

私(サイト制作者)も自宅が職場なので、ビジネスカードを申し込んだ際に、「代表でいらっしゃいますか。この度はお申し込みありがとうございます。」と電話がありました。

恐らくこれが、在宅確認と思います。

以上、在籍確認と在宅確認について説明しました。

6.申し込み方法

ユーファイナンスの「おまとめローン(貸金業法に基づく借り換えローン)」のお申し込み方法について説明します。

6-1.申し込み・融資の流れ

①Webのお申し込みフォームにお客様情報を記入して送信

②担当者より折り返し電話による確認、審査、必要書類と契約内容の説明

③ご契約の締結

低金利で融資・複数社の借入を一括返済

⑤毎月の返済額(返済回数)は相談の上で無理の無い金額を設定して、着実に残高を減らします。

6-2.申込フォーム記入と注意点

先ずはWEBのお申込フォームでのお申し込みになりますが、記入ミスや間違いによる審査落ちが多い状況です。

又、貸金業法に基づく借り換えローンのお申し込みは、一般的なキャッシングと異なる特殊な点もあります。

そこで、ユーファイナンスの「おまとめローン(貸金業法に基づく借り換えローン)」のお申込みフォームの記入方法や、注意点について説明しますので、ご確認の上、お申し込み下さい。

お申し込みフォームは正確に記入して、審査には確実に通過しましょう!

ユーファイナンス公式サイトの下の方に、「カンタン申込フォーム」がありますので、お客様情報を入力してお申し込み下さい。

以下、重要な項目の記入方法、注意点を説明します。

6-3.お借り入れ内容

他社借入件数と他社借入額を正確に記入しましょう。

ここで記入する他社借入額が、借入希望額になりますので、同じ数字を記入するようにしましょう。
※これが年収の3分の1を超えていてもかまいません。(借り換えローンは総量規制の例外です。)

何故なら、借り換えローンの用途は、他社の返済以外は使用できませんので、他社借入額=(イコール)借入希望額とお考え下さい。

他社からの借入とは、貸金業者(消費者金融)とクレジットカードのキャッシング機能からの借入で、銀行カードローンや自動車ローン、住宅ローンは含まれません。

更に、みなし貸金業者(消費者金融)含みます。
※みなし貸金業者とは、既に廃業して貸付業務は行わず、債権回収業務のみ行っている貸金業者の事です。

同じクレジットカードでも、ショッピングは対象外ですが、キャッシングは対象です。

ユーファイナンスのお申し込み基準は、他社借入が4件以上、借入合計金額が100万円を超える方が対象になります。

6-4.お客様について

お客様の基本的な個人情報の項目で、簡単な内容ですが、記入ミスが一番多い項目でもあります。

書きなれたお客様の個人情報であっても、運転免許証や健康保険証などをお手元に用意した上で、間違いの無い様に記入して、最後に見直しチェックをしましょう。

尚、住所の項目で、都道府県を選択の際、以下のエリアに限定されてます。
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、静岡県、群馬県、山梨県

6-5.ご連絡方法について

お客様へ折り返しの連絡方法について、当社より連絡と、お客様より当社に電話から選択できるようになってます。

6-6.電話審査と書類提出

お申し込みフォームで申し込みますと、折り返し担当者より電話がありますので、お申し込み後は、いつでも電話に出られるにしましょう。

他に問題がなければ、契約内容・契約書類・必要書類について説明がありますので、指定された書類を取り寄せて提出しましょう。

対応エリアが限定されていますので、最終のご契約時には、来店が条件になっていると思われます。
※ご来店頂く事務所の住所
東京都台東区小島2-14-5
毛利ビル7F
株式会社UCS(ユーファイナンス)

以上、ユーファイナンス「おまとめローン」の申し込み方法について説明しました。

7.必要書類

ユーファイナンス「おまとめローン」の必要書類も、キャッシングと同じく、本人確認書類と、収入証明書類が必要です。

加えて、おまとめローン(借り換え)の場合、他社借入の貸付条件がわかる書類が必要な場合があります。

その他、利用者の状況によって、提出書類が追加になる場合がありますので、担当者の説明をお聞き下さい。

7-1.本人確認書類

運転免許証健康保険証パスポート等をご用意下さい。

上記の書類に記載されている自宅住所と、現在お住まいの自宅住所が異なる場合は、現在お住まいの自宅住所が記載されている以下のいずれかの書類(発行日から6ヶ月以内のもの)のコピーを合わせてご用意ください。
・国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書または請求書
・公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

7-2.収入証明書類

直近2ヶ月以内の給与明細書又は源泉徴収票をご用意下さい。

一般的に収入証明書として認められる書類は以下の通りなので、ご参考願います。

  • 源泉徴収票(従業員)
  • 支払調書(事業主)
  • 給料明細書(直近2ヶ月分以上)
  • 確定申告書(個人・法人)
  • 青色申告決算書(事業主)
  • 収支内訳書(白色申告)
  • 納税通知書(市県民税)
  • 納税証明書(税務署発行)
  • 所得証明書(市役所発行)
  • 年金証書(受給資格)
  • 年金通知書(年金の振込)

以上、ユーファイナンス「おまとめローン」の必要書類について説明しました。

8.ユーファイナンス会社概要

株式会社UCS(ユーファイナンス)は、平成17年8月設立の中堅規模の消費者金融会社で、低金利な借り換えローンを専門に、関東エリアを中心に営業を行ってます。

会社概要
商号株式会社UCS(ユーファイナンス)
設立平成17年8月
資本金5,300万円
代表者代表取締役 市川 慎治
所在地〒111-0056
東京都台東区小島2-14-5
毛利ビル7F
電話番号03-5829-6990
FAX03-5829-6991
事業内容消費者金融業
金融コンサルタント業
登録番号東京都知事(5)第29876号
取引銀行東京都民銀行、三菱東京UFJ銀行

8-1.アクセス

都営地下鉄大江戸線
新御徒町駅下車
徒歩5分
毛利ビル7階

京浜東北線
御徒町駅下車
徒歩12分
毛利ビル7階

 お申し込みはこちら 

ユーファイナンス

以上、ユーファイナンスのおまとめローン(ビッグローン)に関する口コミと審査について説明して参りました。

良い借り換えになりますようにお祈りします。

公開日:2017年3月1日

制作:落合 正

ユーファイナンス 現在位置

おまとめローン(借り換え) に戻る

キャッシングおすすめ情報 に戻る