トライフィナンシャルサービスの口コミと評判より審査の傾向

トライフィナンシャルサービス口コミ評判より、審査傾向を解説します。

 公式サイトはコチラ 

トライフィナンシャルサービス

ネット申し込みで来店不要のまま、審査時間は最短30分即日融資が可能です。

通常のキャッシング(フリーローン)の他に、借り換え(おまとめ)ローンも扱う消費者金融です。

借り換え(おまとめ)ローンは、総量規制対象外で、複数の借入でお困りの方も一括返済が可能です。

フリーローン
融資金額1万円~300万円
年率9.85%~18.0%
遅延損害金年20.0%
審査基準満20歳以上で定期収入のある方
必要書類 ●本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)
●収入証明書(直近2ヶ月分の給料明細書・源泉徴収所など)
●印鑑
返済回数1回~120回
返済期間~最長10年
返済方式元利均等 自由返済
担保原則不要
連帯保証人原則不要
借り換え(おまとめ)ローン
融資金額50万円~500万円
年率9.85%~14.85%
遅延損害金年20.0%
審査基準満20歳以上で定期収入のある方
必要書類 ●本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)
●収入証明書(直近2ヶ月分の給料明細書・源泉徴収所など)
●印鑑
返済回数60回~120回
返済期間5年~最長10年(ご相談の上決定)
返済方式元利均等
担保不要
連帯保証人不要

以下、トライフィナンシャルサービスの口コミと評判より、来店不要で審査に通過する傾向を解説します。

  1. 口コミと評判・審査の傾向
  2. 会社概要

1.口コミと評判・審査の傾向

口コミや評判の投稿を見るだけで、その消費者金融会社の審査に通過しやすい共通項目が見えてきます。

以下、トライフィナンシャルサービスの口コミと評判からわかる審査に通過しやすい傾向を説明します。

1-1.審査に通過しやすい傾向

トライフィナンシャルサービスは、キャッシング(フリーローン)と、借り換え(おまとめ)ローンも扱っています。

口コミや評判を見ると、どちらのローンの審査に通過した投稿なのかがわかり、審査通過の傾向もわかります。

1-1-1.他社借入の少ない方

「対応が素早く、直ぐに振り込み頂きました。」のような評判の投稿は、キャッシング(フリーローン)の審査に通過した場合によくある口コミ投稿です。

「素早く振り込みされた。」の場合は、他社借入が少なく、総量規制(年収の3分の1以内の貸付)に十分な余裕があり、かつ過去の与信にも問題が無いので、審査は短時間で終了します。

1-1-2.他社借入が多い方

「色々と聞かれましたが、20万円で可決しました。」のような口コミ・評判の場合、他社借入額は総量規制(年収の3分の1以内の貸付)の範囲内であるが、新たな貸付限度額によっては、オーバーしそうな方の場合になります。

この場合は、確実に総量規制をオーバーしない範囲で限度額を設定して、実際の貸付額は限度額を下回る金額になります。

その為、他に借入状況と、返済能力の調査で、審査に時間がかかるものの、最終的には融資が可能になります。

1-1-3.過去に経歴のある方

「過去に債務整理の経歴が有り不安でしたが、10万円の融資が受けられました。」のような口コミ・評判も多く見られます。

過去の経歴とは、債務整理(自己破産・個人民事再生・特定調停)の経歴や、滞納の経歴を意味します。

それでも融資が受けられるのは、既に完済しているか、返済中であっても滞納なく返済しており、他社借入額も総量規制(年収の3分の1以内)の範囲内であれば、過去の経歴を問わず、融資できる可能性があります。

※消費者金融会社によって対応は異なります。

先ずは10万円など、少額のキャッシング(フリーローン)で可決する事が多いようです。

1-1-4.総量規制オーバーの場合

「複数社の借入が一括返済できました。」の口コミ・評判は、既に他社借入額が年収の3分の1をオーバーして、借り換え(おまとめ)ローンの審査に通過した例です。

他社借入額が総量規制をオーバーしていた場合、通常の借入は出来なくなりますが、借り換え(おまとめ)ローンの審査になら通過する事ができます。

但し、過去に債務整理(自己破産・個人民事再生・特定調停)の経歴や、滞納の経歴が無い方に限られるようです。

1-2.審査に落ちやすい傾向

1-2-1.他社借入が無いのに落ちた

「他社の借入が無いのに、あっさりと落とされた。」と、一見問題の無い方のようですが、審査に通過できなかった方の口コミ・評判があったとします。

これは、申し込み時の自動審査の段階で、与信に問題があり、否決されたものと思われます。

原因は2点考えられます。

先ず、クレジットカードのキャッシングも借入に含まれますので、カードの支払いに延滞などがあれば、信用情報機関に滞納として記録が残る可能性があります。

もう一つの原因として、スマートフォンの料金の支払いに延滞があった場合も同じです。

スマートフォンの料金の中には、スマートフォン本体の代金が2年払いなどでローンが組まれている場合がほとんどです。

従い、スマホの料金を延滞すると、ローンの滞納となりますから、これも信用情報機関に記録が残る可能性があります。

1-2-2.他社借入で落ちた?

「他社の借入が複数あったためか、審査に通過できませんでした。」のような口コミ・評判も、原因は様々です。

他社複数の借入があっても、総量規制(年収の3分の1以内)の範囲内で融資が可能なはずです。

又、他社借入額が、総量規制(年収の3分の1以内)を超えていたとしても、借り換え(おまとめ)ローンなら審査が可能です。

それでも審査落ちする理由は、上記で説明したクレジットカードやスマートフォンの支払いの滞納が考えられます。

又は、既存の他社借入の支払いに延滞がある場合も同じです。

本人はちょっと支払いが遅れた認識でも、その間は滞納として信用情報機関に記録が残った場合、自動審査で落ちる事になります。

担当者は理由も言わず「残念ながら・・・」と自動審査結果を伝えるだけなので、冷たく感じますが、原因は必ずあるものです。

1-2-3.過去の経歴で落ちた?

「過去に債務整理の経歴があったので、やはり落とされました。」との口コミ・評判も目にしますが、消費者金融会社によっては、債務整理の経歴だけで落とされる事はありません。

一般的に消費者金融では、過去に債務整理(自己破産・個人民事再生・特定調停)の経歴や、滞納の経歴があったとしても、現状の収支に問題が無ければ、審査に通過する可能性があります。

これも審査落ちの理由は、上記で説明したスマートフォンの料金支払いの遅延、あるいは、既存の支払いに遅延があり、信用情報機関の記録に、過去の債務整理の記録と、現状の延滞の記録が重なっている可能性があります。

1-3.口コミと評判のまとめ

以上の口コミと評判からわかる事は、他社借入が複数あったとしても、現状の収支に問題が無ければ、審査通過の可能性が高いという事です。

更に、他社の借入額が、総量規制(年収の3分の1以内)を超えていたとしても、借り換え(おまとめ)ローンなら審査が可能です。

但し、過去に債務整理(自己破産・個人民事再生・特定調停)や滞納の経歴がある場合は、借り換え(おまとめ)ローンにも申し込みできない可能性があります。

このような、過去に債務整理(自己破産・個人民事再生・特定調停)や滞納の経歴がある方でも、現状の収支に問題が無ければ、審査に通過する可能性があります。

「現状の収支に問題が無い。」とは、現状の支払いに延滞が無く、収入と支出のバランスが取れていて、返済能力がある状態です。

結論は、クレジットカード・スマホの料金・既存の借入の支払いに延滞が無い事が重要です。

もしも、支払いが遅れそうな場合は、直ぐに連絡して、返済先に相談する事で、最悪の延滞扱いを避ける事が重要です。

2.会社概要

kabu

株式会社トライフィナンシャルサービスは、東京都登録の貸金業者で、振込融資で全国対応の消費者金融会社です。

キャッシング(フリーローン)・借り換え(おまとめ)ローンの他にも、不動産担保ローン・ビジネスローン・リフォームローン・多目的ローンを扱ってます。

会社概要
商号株式会社トライフィナンシャルサービス
資本金5,000万円(資本準備金含む)
所在地〒130-0026
東京都墨田区両国3丁目19-5
シュタム両国ビル6階
代表者名 代表取締役社長
岡田 尉二
TEL03-5638-1400
FAX03-5638-1411
登録番号 貸金業登録
東京都知事(3)第31474号
宅地建物取引業
東京都知事(1)第99523号
営業時間平日9:00~18:00
アクセス 〇JR両国駅 東口から徒歩2分
〇都営大江戸線両国駅 A4出口より徒歩5分
事業内容 〇消費者金融事業
〇不動産担保金融事業
〇事業者金融事業

 お申し込みはコチラ 

トライフィナンシャルサービス

以上、トライフィナンシャルサービスの口コミと評判を説明しました。

審査に通過しますようにお祈りします。

公開日:2019年4月24日

制作:落合 正

トライフィナンシャル 現在位置

キャッシング審査基準 に戻る

キャッシングおすすめ情報 に戻る