リノシー(Renosy)不動産投資の評判・口コミ|面談でギフト券1万円

リノシー(Renosy)不動産投資評判口コミ特徴利回りメリットデメリットを解説、無料資料請求で「図解の投資ガイドプレゼント中です。

 無料資料請求はこちら 

サラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】

無料資料請求後、面談まで進みますと、Amazonギフト券1万円分の進呈があります。

リノシー(Renosy)の不動産投資は、AI活用で中古ワンルームマンションの収益性と再販価値を判定、データに基づいた堅実な物件の提案があります。

仲介手数料は無料の上、入居率99.4%(2020年1月時点)と安定しており、忙しいサラリーマンや、初めての女性にもおすすめの不動産投資会社です。

以下、リノシー(Renosy)の評判について、AI活用による不動産投資の評価の視点で、項目別に説明します。

  1. リノシー(Renosy)とは
  2. AI活用の不動産投資とは
  3. 評判と口コミ
  4. メリットとデメリット
  5. 資料請求で無料プレゼント
  6. 面談でAmazonギフト券1万円分
  7. GA technologies会社概要

1.リノシー(Renosy)とは

リノシー(Renosy)とは、AI活用により中古ワンルームマンション投資の支援ツール開発と運営を行う、株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)の事業です。

1-1.リノシー(Renosy)の特徴

1-1-1.少額の自己資金で可能

リノシー(Renosy)の不動産投資は、中古ワンルームマンションに特化してますので、少額の自己資金で始められます。

1-1-2.物件の対象地域

物件は、需要の高い東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の都心部に限定する事で、空室リスクを回避しています。

オーナー希望は、全国の方にお申し込み頂けますが、物件の内見(内部見学)や、担当者との面談もありますので、関東方面に出向く事ができる方が有利です。

1-1-3.スマホで優良物件情報を閲覧

最新の優良物件情報は、スマートフォンにプッシュ通知(音と表示で自動通知)がありますので、いつでも確認できます。

物件の販売価格や間取り、地図やストリートビューで周辺環境のチェック、見やすい販売図面もチェックできます。

1-1-4.チャットで情報収集

不動産ビジネスはスピード勝負です。

気になる物件がありましたら、チャットで問い合わせができて、その場で内見の予約もできます。

1-1-5.団体信用生命保険

物件をローンで購入する際、団体信用生命保険に加入する事になります。

団体信用生命保険とは、保険料は金融機関が負担して、ご本人(オーナー)にもしもの場合、残債は保険会社が支払います。

つまり、受取人が金融機関の生命保険という事です。

一方、ご家族には、残債の無い物件が残ります。

従い、ご家族は、毎月の家賃収入を、ローンの支払い無しで受け取る事ができて、あるいは物件の売却も可能です。

このように、不動産投資の団体信用生命保険は、一般の生命保険よりもお得な上、資産を残す事ができます。

1-2.スマホで賃貸管理

リノシー(Renosy)の賃貸管理費は、月額一律1,080円(税込)です。

一般的な管理会社の賃貸管理費は、月額家賃の3~5%で、約4,000円になりますので、長期的に見ますと大きなメリットになります。

以下、リノシー(Renosy)の賃貸管理の内容を、項目別に説明します。

1-2-1.入居者募集

入居者募集とは、賃貸管理会社が各不動産会社(街の不動産屋さん)と幅広く提携する事で、常に満室を目指します。

リノシー(Renosy)の入居率は98.7%です。
※2018年11月10日時点

1-2-2.入居者審査

入居者審査とは、入居者の家賃支払い能力をチェックする事です。

一般に、法人契約(会社名で従業員が入居)は、すんなり審査に通過します。

個人で契約の際は、連帯保証人の保証の他、保証会社による保証が必要な場合があります。

保証会社は、入居者の家賃滞納が発生した際、家賃を保証します。

1-2-3.賃貸借契約

一般に、マンション投資の賃貸借契約は、貸主が物件所有者(オーナー)で、重要事項説明などの実務は不動産会社により行われます。

入居者募集に係る広告料は無料です。

1-2-4.家賃集金・送金

入居者からの家賃の集金は、リノシー(Renosy)が行い、オーナー(お客様)へ送金します。

振込手数料はリノシー(Renosy)の負担です。

1-2-5.解約清算

解約精算とは、入居者の退去時の解約手続きや、家賃の精算、室内の原状回復を行い、新たな入居者の募集を行います。

各手続きの代行と、原状回復にかかる費用も、リノシー(Renosy)が負担します。

1-2-6.設備保証

一般的に、物件の設備に不具合があった場合、オーナー(お客様)の負担で修理が必要になります。

リノシー(Renosy)の物件は、1年間の設備保証が付いてます。

一般に、入居者の使用方法に原因があった場合は、入居者の負担になります。

保証対象の設備(エアコンやガスコンロなど)の範囲については、契約時に確認する事と、物件の内見の際にチェックしておきましょう。

1-2-7.空室保証

最初の1年間は空室保証が付きます。

その後の入居率も98.7%(2018年11月10日時点)なので、空室のリスクは少ないようです。

1-2-8.滞納保証

入居者の家賃未払い(滞納)は、オーナーの収入減になります。

リノシー(Renosy)では、この滞納については、無期限で保証されますので、安心です。

一般に、個人の入居者は、保証会社の保証を受ける事を入居条件とする場合が多いようです。

以上が、リノシー(Renosy)の不動産投資の概要です。

2.「AI活用」の不動産投資とは

リノシー(Renosy)のAI活用による不動産投資について説明します。

2-1.「AI活用」の仕組み

2-1-1.データベース化

従来の不動産投資で、収益物件を選定するとしたら、「紙ベース」の膨大な物件資料から、経験と勘で判断します。

AI活用の不動産投資では、「紙ベース」の膨大な物件資料を、画像認識システムで解析、デジタルデータとして取り込みデータベース化しています。

2-1-2.過去の物件データと比較

データベース化した物件資料と、過去の同一条件の収益物件の実績を照合する事で、収益性とリセールバリュー(再販価値)の高い物件を効率的に判定します。

2-1-3.スコアリング

この判定で、個々の収益物件の価値を客観的にスコアリング化して、厳選した優良物件をオーナー(お客様)のスマートフォンで確認できるようにしています。

2-2.提供される情報の内容

AI活用により得られた情報は、OWNR by RENOSY(オーナーバイリノシー)というスマートフォンのサービスの中で、いつでも確認できて、初めての方にも的確な投資判断ができるようになっています。

2-2-1.新規・追加購入判断

AIが厳選した優良物件情報は毎月更新されますので、収益物件の新規購入や追加購入の際に、事業計画やシミュレーションを見て、じっくりと検討できます。

2-2-2.所有物件の現状を確認

現在所有している収益物件の現状をスマートフォンでいつでも確認できます。

物件の基本情報の他に、入居者の情報・賃料・賃貸契約時の各種書類などを提供中、月々の送金明細も今後提供予定との事です。

2-2-3.購入時の契約書類を確認

購入時の契約書類なども全てデジタルデータ化されていますので、スマートフォンでいつでも閲覧できます。

2-2-4.キャッシュフロー管理

不動産投資でキャッシュフローとは、毎月の家賃収入からローンの返済と各種経費を差し引いて残る税引後の利益の事です。

これらの毎月の入出金情報も、スマートフォンで把握できて、確定申告も簡単です。

2-2-5.資金計画

リスクや繰上げ返済(資金に余裕がある月は予定返済額よりも多く返済して利息を節約)を物件ごとに設定し、今後発生する収支や、返済計画をシミュレーションして、柔軟な資金計画をサポートします。

以上、リノシー(Renosy)のAI活用による不動産投資についての説明しました。

3.評価と口コミ

実際にリノシー(Renosy)の物件を所有しているオーナー(お客様)の評判と口コミについて記載します。

3-1.オーナーの評判と口コミ

3-1-1.生命保険的な魅力

30代男性(製薬会社勤務)
30歳になって、生命保険を検討していたところ、不動産投資のメリットを知った。

生命保険は、単純に掛け金の出費であるが、不動産投資なら毎月の収益と資産形成が可能となる。

現在は2件の投資用不動産を所有している。

3-1-2.他社に比べ信頼できる

50代男性(情報通信会社勤務)
他社の不動産投資もやっているが、リノシー(Renosy)は質問に的確な答えが返ってきて、無駄な交渉も不要なので、信頼している。

3-1-3.小額の自己資金で投資

20代男性(広告代理店勤務)
株式投資では借入できない金額も、マンション経営なら小額の自己資金で大きな投資が可能、現在は3件所有している。

3-1-4.広範囲の仲介会社と提携

40代男性(医師)
安全性が高い・手間がかからない・資産全体のリスク分散という点で、リノシー(Renosy)のマンション投資を選んだ。

3-2.オーナー社員の評判

リノシー(Renosy)を運営するGA technologiesの社員の中には、物件オーナー兼任の方もいらっしゃいます。

3-2-1.樋口社長の誘いで入社

30代男性(デジタルマーケティングディレクター)
はじめは顧客としてリノシー(Renosy)の不動産投資に参加、リーテック(不動産業界のテクノロジー化)について樋口社長と話す機会があり、それが縁で入社した。

3-2-2.オーナーから社員へ

40代女性(新規事業開発マネージャー)
前職の時も、マンション投資の勧誘電話があり、不動産投資のイメージは良くなかったが、リノシー(Renosy)のサービス内容を知り、物件のオーナーになった。

その後、入社を勧められ、GA technologiesの社員になった。

以上、リノシー(Renosy)の物件を所有しているオーナー(お客様)の評判と口コミを記載しました。

4.メリットとデメリット

リノシー(Renosy)の不動産投資に関するメリットとデメリットを説明します。

4-1.メリット

先ずはメリットから説明します。

自己資金0円から参加も可能
中古ワンルームマンションに特化している為、自己資金0円から参加でき、年収500万円以上の方ならサラリーマンやOLも不動産投資が可能です。
※借入状況・職業・年収によっては小額の頭金が必要です。

理想の頭金は購入価格の5%
1,000万円の中古ワンルームマンション1室の場合、50万円を頭金として、5年~20年のローンを組むのが理想的です。

都心部の入居率は98.7%
物件は需要の高い東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の都心部に限定、入居率は98.7%と良好です。
※2018年11月10日時点実績

売却時も直ぐに買い手が付く
資金が必要になり、急遽売却したい場合も、都心部のワンルームマンションなら直ぐに買い手が付きます。
※地方の物件は、安くしてもなかなか売れないそうです。

賃貸管理費は月額一律1,080円
AI活用によるコストダウンで、賃貸管理費は月額一律1,080円(税込)で、全ての管理業務を代行、オーナー(お客様)の収益を最大化してます。
※通常は月額家賃の3~5%で約4,000円

仲介手数料0円
物件購入時の仲介手数料は不要です。
※一般に物件価格の3%プラス6万円

団体信用生命保険付き
団体信用生命保険が付きますので、もしもの時は、ローンの残債を保険会社が負担、ご家族には収益物件が残ります。
※保険料は金融機関が負担

物件状況はスマホで確認
スマートフォンのアプリで、毎月の収益・ローン返済・物件状況・最新の優良物件情報など、不動産投資の全ての情報が閲覧できます。
※気になる物件はチャットで問合せと内見の予約もできます。

4-1-1.申し込み特典

資料請求でDVDプレゼント
リノシー(Renosy)公式サイトより、無料資料請求を申し込みますと、スマートフォンで読めるガイドブック「図解でわかる!老後のためのあんしん投資」のプレゼントがあります。

面談でギフト券5千円分
無料資料請求後、担当者との面談に進みますと、Amazonギフト券5千円分の進呈があります。

4-2.デメリット

続いてデメリットを説明します。

物件は中古ワンルームマンションのみ
扱い物件は、中古ワンルームマンション限定です。
※1件目が軌道に乗った段階で、次の優良物件を検討して、少しずつ資産を増やす事がポイントです。

物件は都心部に限定
物件は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の都心部に限定、遠方の方には物件の内見や面談に若干労力を要します。
※賃貸需要の高い地域に限定、空室リスクが避けられます。

以上、リノシー(Renosy)の不動産投資に関するメリットとデメリットを説明しました。

5.資料請求で無料プレゼント

リノシー(Renosy)の公式サイトより、資料請求するだけで、ガイドブックの無料プレゼントがありますので、お気軽にお申し込み下さい。

以前は、DVD版でプレゼントしていたようです。

今は、スマートフォンで読めるガイドブック「図解でわかる!老後のためのあんしん投資」になったようです。

6.面談でAmazonギフト券1万円分

無料資料請求後、面談まで進みますと、Amazonギフト券1万円分の進呈があります。

以前は、Amazonギフト券5千円分でしたので、更に充実させたようです。

7.「GA technologies」会社概要

不動産投資のRENOSY(リノシー)を運営する株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)の会社概要を説明します。

7-1.株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)

会社概要
会社名 株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)
東京本社 〒100-6229
東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー 40F
TEL03-6230-9180
FAX03-6230-9181
大阪支社 〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-4-9
ブリーゼタワー 12F
TEL06-7777-9310
FAX06-6346-3340
名古屋営業所 〒451-6090
愛知県名古屋市西区牛島町6-1
名古屋ルーセントタワー 5F
TEL052-990-9103
FAX052-766-3318
代表者 代表取締役社長
樋口 龍
設立2013年3月12日
資本金1億円
従業員数 347名(2019年10月末時点)
※グループ会社を含む
業務内容 〇AIを活用した中古不動産の総合的なプラットホーム「RENOSY」の開発・運営
〇AIを活用した不動産業務支援ツールTechシリーズの開発・運営
〇不動産オーナー向けアプリ「OWNR by RENOSY」の開発・運営
〇中古区分マンションの投資型クラウドファンディングサービスの開発・運営
〇クラウド型施工管理サービスの開発
免許登録 〇宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第9135号
〇建設業許可 東京都知事(般-29)第145636号
〇一級建築士事務所 東京都知事登録 第61581号
〇小規模不動産特定共同事業者(東京都知事(1)第1号)
加盟団体 〇一般社団法人人工知能学会
〇一般社団法人データサイエンティスト協会
〇一般社団法人シェアリングエコノミー協会
〇一般社団法人日本ブロックチェーン協会
〇一般社団法人FinTech協会
〇一般社団法人リノベーション協議会
〇特定非営利活動法人日本バーチャルリアリティ学会
〇IoT推進コンソーシアム
〇公益社団法人全日本不動産協会
〇公益社団法人不動産保証協会
〇一般社団法人日本クラウドファンディング協会
顧問弁護士 〇フォーサイト総合法律事務所 代表パートナー弁護士 大村 健
〇田辺総合法律事務所 代表パートナー弁護士 田辺 克彦
顧問税理士 佐野比呂之税理士事務所 代表税理士 佐野 比呂之
顧問社労士 社会保険労務士 表参道HRオフィス 代表社会保険労務士 山本 純次
監査法人 EY新日本有限責任監査法人
決算期10月31日
グループ会社 〇リーガル賃貸保証株式会社
〇イタンジ株式会社

RENOSY(リノシー)を運営する株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)の会社概要を説明しました。

  RENOSY(リノシー)公式サイト  

【GA technologies】

以上、RENOSY(リノシー)の不動産投資に関する評判と口コミ、メリットとデメリットについて説明して参りました。

良い不動産投資になりますようにお祈りします。

公開日:2019年5月29日

制作:落合 正

リノシー(Renosy)の評判 現在位置

不動産投資会社の選び方 に戻る

キャッシングおすすめ情報 に戻る